メロディアン
6 「画期的な新商品プラン」

12月某日(晴れ)

今日は日曜日。ボクの頭の中に、素晴らしい新商品プランが思い浮かんだ。それは、これまでにない全く新しい切り口の商品で、もしこれが実現すれば大ヒットは間違いないだろう。今までのボクの営業活動をフルに生かして考え出された、売場の声や消費者ニーズ、現代のトレンドをぴったりマッチさせたこの商品を、何とかモノにすることはできないだろうか。それとも、一営業社員の提案など、メロディアンでは商品化されるわけはないのだろうか。


Q6 画期的な新商品プランが頭に浮かんだ正人くん。彼のプランは果たして実現できるのだろうか?

一営業社員のアイデアでも生かされる、新商品提案制度がある
 
専門部署である商品企画課を志望し、配属されるのをひたすら待つ