メロディアン
「せっかくですが、ボクの独断で事を決めてしまい、そちらにご迷惑をお掛けするのもいけませんので、一応上司に聞いてみます…」

「そうかい、今日からでも変えてもらっていいんだけどなぁ」

それから会社に戻り、上司の平塚係長に今日の出来事を報告すると、意外な答えが返ってきた。

「せっかく、キミの熱意を買ってくれた上での早川さんの申し出だったのになぁ。ウチの会社は若い社員にもいろいろと任せているんだから、そんな時は自分の意志でしっかりと進めてきて、後でちゃんと報告してくれればいいんだぞ。何事もタイミングが大事なんだしね!」

こうして、平塚係長からあらためてOKをもらった後、次の日ボクはスーパーBに行って、その商品に有利なように並べ方を変えさせていただいた。こんなボクにでもいろいろなことを任せてくれるメロディアンという会社に、ちょっと誇りを感じた出来事だった。


A3 せっかくのご好意をムダにしてはいけない。キミの自信ある商品を置いてみよう

■ワンポイントアドバイス■
「メロディアンは、若い社員にもいろいろと任せてくれる会社。キミの実力を発揮できるチャンスはたくさんある!」

次の難題は [4.どうする?現場での生の声]