メロディアン
vol.1 メロディアンタウンへようこそ!

この春、メロディアンに入社したハリキリ青年の正人は、希望通りに営業部への配属を命じられた。そして、さわやかな風が早い夏の訪れを感じさせる6月のある月曜日、いよいよ正人は、はじめて1人で得意先回りへ出かけるのであった。

正人は、先輩社員の松元をはじめ様々な社員から、ミーティング室で、お得意先からの帰り道で、退社後の居酒屋でと、研修中の事あるごとに「メロディアン」の社風についていろいろと聞かされていた。

「メロディアンは、ホント風通しのいい会社だぞ!」
「この会社は、若い社員にもいろいろと任せてくれるしね」
「提案型セールスも、ウチの特長だと思うよ」

皆は口々にこう言っていたが、これまでの会社生活を振り返って、正人にはそれらの評判がまだいまいちピンと来なかった。
しかし、晴れて営業課の一員として「独り立ち」する今、ついにメロディアンの実態が正人の前に明らかになっていく!?
最初の難題は [1.はじめての店舗訪問]