環境活動
環境にやさしい企業へ

1992年(平成4年)の日本高山植物保護協会へ法人会員として入会以来、メロディアンは高山植物保護活動を通じて、環境保全活動に対する啓蒙活動を継続してきました。

メロディアン本社が関西圏にあることから、JAFPA 関西支部設立のお手伝いも参加させて頂いたご縁もあり、単に法人会員として入会し、経済的な支援に留まるのではなく、入会当初から関西支部の理事として社 員を派遣させて頂き、また従業員や取引先様も会員として参加させて頂くなど、共に高山植物を通じて自然環境の大切さと環境保全への啓蒙活動に参加させて頂いています。

 2019年度は、関西支部の活動として、夏の観察山行、秋の環境学習会、春の観察会と3回の活動を計画いたしましたが、「淡路島 国営明石海峡公園」を予定した春の観察会は、2020年年明けより発生したコロナウ イルスの影響で、やむなく中止となりました。
 夏の観察山行は毎年恒例となっております、滋賀県・岐阜県にまたがる日本百名山の一つ「伊吹山」での観察山行を計画いたしました。当初 7/27を予定しておりましたが、台風の影響により延期を余儀なくされ、8/17 に実施となりました。山頂付近の気温は 20℃ほどで、日差しが強く少し汗ばむような気候で、気持ちよく登山ができる環境となりました。例年より花の開花が 1 週間ほど遅く、想定したより多くの高山植物を観察できました。

  • ルリトラノオ
  • 保護柵内の
    シモツケソウ
  • コオニユリ
  • ルリトラノオ
  • 保護柵内のシモツケソウ
  • コオニユリ
  • ルリトラノオ
    ルリトラノオ
  • 保護柵内のシモツケソウ
    保護柵内のシモツケソウ
  • コオニユリ
    コオニユリ
  •  

 秋の環境学習会は10/26「美浜原子力発電所見学会」が実施されました。
 3時間以上かかるバス道中では、資料やDVD映像を交えながら、関西電力の方から、原子力発電の成立~仕組みなどの説明を受けました。
 昼食後、福井県三方郡美浜町の「美浜原子力PRセンター」で、原発の立地環境や安全対策についての詳しい説明のあと、バスに乗り換え、「美浜発電所構内見学」となりました。発電所敷地内では、各号機・周辺設備の外観や、VR映像にて普段見られない内部状況の説明を受けました。
 見学後、活発な質疑応答もあり、各人の関心の高さを感じつつ、大変有意義な時間を過ごせました。そのあと、廃校になった小学校を利用した「エネルギー環境教育体験館 きいぱす」に立ち寄り、身近な家電を用いての「消費電力見える化」を体験しました。単位時間の消費W数や電力料金の構成など一般生活に役立つ知識を説明頂きました。
 日本のエネルギー事情、原発の仕組から安全管理まで、電気エネルギーに対する知見が広がり、更なる環境意識の向上につながる貴重な体験学習会でした。

2020 年度は、コロナウイルスの影響を鑑み、活動計画は未定となっております。

JAFPAホームページ https://npo-jafpa.or.jp/